VTuberと淫夢ネタ ~うまく付き合うか・距離を置くか~

いろんな配信を見ていて思うのは淫夢ネタを有効活用しているVTuberもいるなぁと。

(淫夢ネタについては各自ググってください)

露骨に淫夢語録を多用したりする「淫夢営業」を見るわけですが、それはそれでいいのですが、問題は「距離を置きたい」というVTuberが少なくないわけで、その付き合い方で四苦八苦するわけです。

ネット界隈で一大ムーブメントを巻き起こした「淫夢」ネタなわけで、それはネットでどうこうしようとすると避けては通れない道であります。

動画であれば、そういった部分を避けることはできても、生放送がメインストリームとなっている現状を考えると避けて通ることは出来ないと思われる。

ゾーニングは恐らくVTuber当人はもとより、それを抱える事務所にとっても大きな課題となっているはずです

予め放送内で規制を張ったりして何とか避けようとするのも見かけます。

 

こういう視点で見るとそのVTuberがどういうブランディングしているのかというのも見えてきます。

一歩間違えると簡単に滑落しますから、慎重さというのが伺いしれます。

比較的個人で活動しているVTuberさんなんかはここらへんの強みを活かして頑張っているというか。

直近の例でいうとゆゆうた兄貴とコラボした高槻りつとか。

www.nicovideo.jp

youtu.be

 

一応削除対策も兼ねてニコ動とようつべ版2本貼っつけておきます。

でもここまで身体張るとは…たまげたなぁ…。