竹花ノート、クラウドファンディングの100万円の支援を断る

f:id:hirazen:20190403235842j:plain

・事の発端

VTuberでイラストレーターの竹花ノート氏が3D化に向けてクラウドファンディングを開始。

最高支援枠は100万円でバーチャル授乳。

さらにこれに支援者が現れ更に話題沸騰。


しかし状況は変わり竹花氏は100万円の支援を自ら辞退することになった。

 


その後YouTubeLIVEのほうでも説明をするまで発展した。

・「かつてのクライアントからの支援だった」

今回の支援者はかつてのクライアントだったことを明かした。

本人とクライアントとの間には問題はなかったと弁明はするも文章内にてこう記されている。

「その後にお仕事の実績としての公開やお仕事の継続的なお引き受けが難しい状況になってしまったという経緯がある方だったため、双方のこれまでや今後の立場を考え今回の決断に至りました」(原文ママ)

またLIVE内では「支援者の炎上リスクも鑑みた結果」とも述べた。

・ジョークだが、100万円コースは引き続き募集続ける

YouTubeLiveの放送で竹花氏は「100万円コース自体はジョークだった」と述べた。

加え、引き続き100万円コースを続けるのかと問われると「再度募集をかける、今回の人物以外からの100万円の支援があった場合は受け取る」と、今後も引き続き100万円の枠の継続を明言した。

 

・結果として「金」よりも「気持ち」を取った「竹花ノート」という人物

100万円という大金を辞退した竹花ノート、これでCFの目標額も300万円に向けて再スタートとなった。

しかし、本人はこう語る。

「お金って、人より大切かって言われたら僕はそうは思わない、人の気持ちのほうが大事」

お金よりも気持ちを優先した竹花ノート、同じクリエイターとして頭が上がらない。

 

※ここから私感です

クリエイティブ業をしていると、どうしても実績として表に出せない、名前を出せないなんてことがあります、僕もそういうのあったりするのでわかります(これでも一応クリエイターの端くれなので)。

加えて継続的な仕事が出来なかったというのを見ると、悪くはないけど良くもないよね、という印象です。

ちょっと揉めた?ような雰囲気もありそうですが、特に不履行も無く行われたようです。

普通に考えたら何も悪くなかったら普通に100万円引き受けるだろうし、少し嫌なことも100万のためなら飲み込むだろうとは思うんです。

それを飲み込めなかったということはそれ相応の理由はあったんだろうなと思いました。

トラブルがあったわけではない(この時点でだいぶトラブルですが)として、他にも炎上・特定リスク、更には「ジョークプラン」のつもりだっという材料が組み合わさった結果なのかなと思います。

しかし、それを含めても100万円を辞退したのは本当に頭が上がらない思いです。

それほどまで自分の気持ちを優先出来るのは、よっぽどのことじゃない出来ませんから。

 

 

貼り忘れてたのですっと。

皆さんよろしくおねがいします。