Twitterで質問箱を置いたら古き良きネット文化が蘇って感動が止まらない

・良くも悪くも日本独自の匿名性の高いネット文化

当方VTuber関連のブログ記事を書き始めてしばらく経つが、おかげさまでPV数も順調に推移しています。

ただ、Twitterのフォロワーなどは微増というところで、話題性のある内容の記事だけが引っかかってるのかなぁという感じでした。

レスポンスもあまりなく、PV数だけではどうも見られている実感が沸かなかった僕は質問箱を置いてみることにしました。

マシュマロにしなかったのは、なんとなくってのと「質問」って冠している点でやりとりが活発になるかなぁと思ったからです。

 

良くも悪くも日本は独自のネット文化を形成してきました。

とにかく匿名性が高いです。

コテハンすら嫌う傾向で、名無しが推奨されてきました。

Twitterでなにか発言するのすらためらう人が多くいます。

そんな中で「マシュマロ」や「質問箱」は注目されているのかもしれません。

 

・弱小ブロガーにも質問が続々

まぁ来るわけ無いでしょと思ってたらまぁ結構懐かしい文体の質問が来て僕は涙が止まりませんでした。

こういう文章を僕は待ってました。

殺伐としたこの感じはまさにかの2ch独特の刺々しさです。

匿名掲示板に帰れと言っているこの人の攻撃的な文章がまさしく日本の匿名性を一番表していると言っていいでしょう。

これくらいだったら名前出してやりあっても面白いと思うんですけどね、もっとやりとりがしたい。

 

あとは後方彼氏面オタクなる表現をした方も。

僕がやっていることは結局「VTuberの活動を見て勝手に分析して評論してる」だけなんですよ。

良く言えば「新聞の社説欄のマネごと」で、言い方かえれば「後方彼氏面オタク」とも言えるのは確かかなと思います。

ここは捉え方の違いだと思います。

 

日本って言論の自由があって、言う権利もあれば言われる義務もあるわけです。

なので僕はしかと受け止めていこうという感じです。

もちろん、質問箱以外でも、Twitterのリプでもお待ちしています。