VTuberと災害を考える ~緊急地震速報と特定を天秤にかける~

f:id:hirazen:20190625235844j:plain

 

・強固になりすぎたVTuberのロールプレイ

昨今のVTuberはかなりロールプレイが強固になりすぎている現状がある。

キャラクター性を遵守することが求められるのはアイドル以上であり、苦労は想像を絶するものであろうと思われる。

しかしその強固になりすぎたロールプレイ(以下RP)は時に人命を脅かすものになりうるのではないだろうか。

 

・地震大国日本の生命線「緊急地震速報」

日本は世界有数の地震大国である。

先の東日本大震災は忘れられないであろう。

緊急地震速報が導入され、スマートフォン等で初期微動を感知し揺れの到達よりも先に知らせてくれるこの機能は地震から身を守る上で必須の機能といえるだろう。

しかしこの機能がなってしまうと配信中だった場合地域が特定されてしまう、という懸念が示された。

ここ数日、地震が多発していることもあり、あるアンケートを実施した。

 

・緊急地震速報とVTuberをテーマにアンケートを実施

緊急地震速報の通知は設定で切ることもできる。

そこでVTuberは緊急地震速報の通知をOFFにすべきかどうかというアンケートを実施した。

結果は以下の通りである。

 オフにすべきが11%居たというのが印象に残る内容だった。

やはり特定されることを懸念する声が一部にあるということがわかるアンケートであった。

 

・特定リスクはあれど「人命第一」とすべき

いくら特定のリスクはあれど、命あってこそである。

RPも然り、命がなければ演じることも出来ないのである。

人命第一とし、緊急地震速報の通知は受け取れるようにすべきではないだろうか。

何よりこのことに対して企業勢はどう向き合っているのだろうか。

この件に関して株式会社いちからに問い合わせをしたが、2019年6月25日現在、回答は来ていない。

企業勢もまた、人命第一とあってほしいと願っている。