「花魁VTuber 由宇霧」に見るオンラインサロンビジネスの可能性 ~YouTube・投げ銭に頼らない収益のあり方~

 

・崩壊しつつあるYouTubeの収益モデル

由宇霧さんって方が居ます。

この方は性に関する動画を多く出しているのですが、アダルトだってことでYouTubeのほうで収益無効になっちゃいました。

note.mu

 

元々知ってはいたけども、YouTubeもなかなかえげつないことするなと思いました。

そもそもYouTube自体がもう飽和状態と言ってもいいし、さらにはYouTube上の広告から手を引く企業も現れるぐらいです。

今後もあの手この手で収益剥がしは行われると思われます。

 

そんな中で由宇霧さんに関しては上手い具合に立ち回っています。

そのなかでも注目したのは「pixivFUNBOX」でした。

 

・オンラインサロン型の収益モデルは結構手堅い

ファンボックス自体は月額500円とかそのあたりが普通なんですが、そこに価格差設けて差別化図るってのは結構うまいなと思っています。

この手のものは結構昔からあったんですが、ここ最近著名人なんかも「DMMオンライサロン」等を使ってコミュニティ運営を行っています。

特にこういうコミュニティ型のものは「強烈な個性」を持った人がかなり強いです。

というのも、今後の流れとして「広く浅く」というよりも「狭く深く」というのがポイントになってくると思います。

1000人のなんとなくのファンより100人の熱狂的なファンなんです。

 

・「熱狂的なファン」が多いVTuber業界とオンラインサロンは親和性が高い

幸運にもこのVTuber業界のファンは熱狂的なファンが多いです。

推しのためなら金は惜しまないという人が多数派と言ってもいいでしょう。

YouTubeの収益化などの目の前の欲にくらむよりも、手堅く自分のやりたい表現・活動をして、ファンを付けていくことのほうが、後々の収益で見比べたときにはかなりの差があるのではないでしょうか。

個人的な見解ですが、いわゆる動画の広告収入や投げ銭で稼ぐというよりもこうしたコミュニティ形成をし、オンラインサロン的なものを運営したほうが、安定感があるなというふうに思います。

「一定数ファンが居るけど、なかなか収益が」

という場合は、こうした収益モデルも考えてみるべきでしょう。