【療養記録】転院について

転院することになった。

結局のところ自分の病状すらまともに喋れていないことが発覚したり、服薬もままならない状況ということもあり、今の通院に1時間程度かかる場所は適切じゃないということもあり、自宅からほど近いクリニックに移ることになった。

元々発症した十数年前に初めて行ったクリニックであるが、現在も記録が残っているほど丁寧なところであり、いいところという記憶もかすかに残っている。

 

今思うことは現在通っている主治医の先生に対しては申し訳ないなという気持ちである。

しゃべること自体がおっくうになっており、しゃべっても無駄というか、諦めを持ってしまっていた自分が居たせいで適切な治療が行えなかったことが、申し訳ないという気持ちである。

精神医療は患者も協力的でなければならない。

次のところでは積極的に、治療に励みたい。